2016年

ホーム イベント 2016年

樋野先生 新刊の紹介

【樋野先生 新刊のご紹介】 (チラシ)
「がん哲学外来で処方箋を  カフェと出会った24人」

樋野先生の新刊が発売となりました。
2部では、嶋田さん、平林先生も執筆されています。
カフェと出会った24人は、「がん経験者」です。
興味のある方、是非、一読あれ!

樋野興夫:編著
四六判 並製 160ページ
1,620円税込
ISBN978-4-8184-0941-5 C0095
2016年05月
表紙
平林先生、嶋田さんも書かれています

3周年記念講演会 ~病に寄りそう心~

【3周年記念講演の報告】

お天気にも恵まれたせいか、出足もよくほぼ満席の講演会で盛況のうちに無事終了いたしました。参加されたみなさんに感謝申し上げます(200名)。

樋野先生、大下先生からは病にかかった時の心へアプローチする哲学を、平林先生、横山先生からはその実践例を、提示していただきました。病と向き合う時、本人のみならず、家族やそばにいる者の心の持ち方、寄り添い方がとても大切と気づかされました。愛にある普遍的なお話、具体的な活動に参加者皆さんが安心や期待を感じられたのではないかと思います(記録、写真とも田中)。

講演会内容はUSTREAMにてご覧になれます(村井)。

参加された宇都宮の武田さんが投稿された新聞記事もご覧ください 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
 
「まちなかメディカルカフェ in 宇都宮」は2016年4月で無事3周年を迎えることができました。これは関係者皆様の「病に寄り添う心」があってのことと思います。まだまだヨチヨチ歩きですが、3周年を記念いたしまして下記のように講演会を行なうことになりました。申し込みは不要です。奮ってご参加ください。
チラシ  PDFファイルを表示 

日時: 4月24日(日)13:00~16:00(開場:午後12時30分)
場所: 栃木県総合文化センター、特別会議室(3階)

 ◇講演会  13:10~14:20
樋野 興夫「寄り添う心  〜「がん哲学外来」からの学び〜」
大下 大圓 「“たましい”は病にならない」
横山 孝子 「求める手に差し出す手 ~キャンナス烏山の活動について~」
平林 かおる「傍らに立つ」
~休憩・エクササイズ~
◇パネルディスカッション「病に寄りそう心」14:35~15:25
閉会 15:30
◇ 自由歓談 15:30〜 16:00 終了

【講師の紹介】
樋野興夫:順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授 一般社団法人がん哲学外来理事長
大下大圓:飛騨千光寺住職・高野山大学大学院・臨床宗教教養講座客員教授
横山 孝子:キャンナス烏山代表
平林 かおる:まちなかメディカルカフェ in 宇都宮代表
入場無料 申し込み不要先着順(定員200名) 
(上)会場前面、(下)会場全景
(上)大下先生、(下)樋野先生の講演
パネラー(上:右より樋野先生、大下先生、横山さん、平林代表)とディスカッション風景(下)

お茶代のカンパ箱(100円)を設置しました(1月)

相談に参加される皆様へ

皆様のお茶代は昨年12月まで「下野新聞NEWS CAFE(ニュースカフェ)」でご負担して頂いていました。

おかげさまで、この会も今年度で3年が経ち ます。
続けられている理由の一つに
NEWS CAFEさんのご協力も大きな力になっております。

そこで、NEWS CAFEさんのご負担を少しでも減らすということで、今年1月よりお一人様100円の「お茶代カンパ」を お願いすることになりました。

写真のような「南国みかん箱」を受付に用意しました。
受付時にトレイの上に100円硬貨を置くと、箱からネコが頭を出し、長い手を伸ばして100円硬貨を箱にしまい込む仕掛けになっております。
(詳しいことは受付時におたずねください) 
カンパ箱と説明
100円をトレイに置くと・・・
2015年4月から現在までの内容は「過去の開催内容」を見てください。

2017年度のイベントとクールダウン予定          


● 4月は「4周年記念行事」です。 
 ホームへ 
Pagetop